福岡の元加圧トレーナーが行う筋力トレーニング・体幹トレーニング

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ
※施術中はお電話に出れない場合がございます。

TOPTOPスタジオ案内スタジオ案内メニュー・料金メニュー・料金筋力トレーニング筋力トレーニング来店イメージ来店イメージよくある質問よくある質問お問い合わせお問い合わせ

腰痛の原因

imasia_13034281_XL.jpg

一般的に腰痛の原因として長時間その場に立ったままの姿勢で作業すると筋肉が疲労したりタクシーやトラックドライバーにありがちな長時間座りっぱなしによる椎間板の負担などが原因と言われています。
女性に関してはホルモンのバランスの崩れにより自律神経の乱れによる腰痛があるとも言われています。

前傾姿勢でいる事が多い方や重い荷物を持つ事が多い方、先ほど言いましたが長時間座りっぱなしの作業が多い方や椅子に座る時に脚を組む癖がある、いつも同じ肩にバックをかける人など、歩くのが嫌いな方も腰痛になり易いと記されている記事もあります。

腰痛にもいろんな種類があり、ぎっくり腰から椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症や腰椎分離症、すべり症、変形性腰椎症や骨粗しょう症などが主にあります。

<ぎっくり腰>

筋肉の慢性疲労と言われています。
突然とあらわれますが、実はゆっくりと進行したものが何かの拍子であらわれると一般的に言われています。

<椎間板ヘルニア>

椎間板が脊椎の神経を圧迫して痺れを起こすなど痛みだけではない病状もあらわれます。椎間板ヘルニアは通常の腰痛とは違い、腰椎椎間板が突き出て脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態で病気とも分類されています。

<脊柱管狭窄>

脊柱菅は背骨にある脊髄中枢神経の通り道で老化による不良姿勢などで背骨が歪んでいると、通り道が狭くなって神経を圧迫して腰痛や炎症を引き起こします。

<腰椎分離症>

年配の方に多い腰痛で原因として腰椎がずれる、すべることで痛みを発症します。腰椎が元に戻らずずれっぱなしということになります。

<変形性腰椎症>

腰椎分離症、すべり症と同様、高齢者に多く見られるのがこの変形性腰椎症です。腰椎が何かの原因で変形を起こしたり、椎間板や椎間関節に異常が起こると腰痛を発症してしまいます。

<骨粗鬆症>

骨粗鬆症はよく知られていますが腰痛にも繋がっています。骨密度が低下する病気で女性に多く見られます。年齢的には50代から骨密度が低下して腰痛や圧迫骨折などを起こしてしまう場合もあります。

骨がスカスカ状態になってしまい簡単に骨折をしてしまうケースがありますが自覚症状があるわけでもなくもろくなっていることに気がつけないケースが多いです。

こういう事が一般的に言われていて腰痛が病気という分類にも振り分けられています。ところが腰痛には老化からくる腰痛が多くそれは病気ではありません。
腰痛のほとんどが老化からくるものであれば病気ではないので、病院に行くのではなく骨格筋を正しく反応させる事が痛みを根本から消す方法であります。なので薬を処方したり手術を勧めるお医者さんもいますがそれは根本的な腰の痛みの改善にはなりません。

実はこのような腰痛のほとんどはちゃんとした筋力トレーニングをやれば痛みは改善するのです。
お医者さんから言われたから手術をしたり薬を飲んでも痛みが消えない方は沢山いると思います。

ぜひウチのトレーニングで腰痛を改善してみませんか?
その場で腰の痛みが消える方は少なくありません。そして姿勢も意識をしなくても良くなり見た目も若々しくみえます。他の施設にはない即効性のあるトレーニングメソッドやマシンが貴方の腰の痛みを劇的に改善してくれます。

体験レッスン体験レッスン

体験レッスン体験レッスン

酵素について酵素について

お客様の声お客様の声

体験レッスン体験レッスン

blog.pngblog.png